ドレスローザ編過去編で判明したことや伏線のまとめです。

 

ドレスローザ過去編まとめ

・ドフラミンゴの弟コラソンが、本名ロシナンテで海軍本部の中佐なこと

・ロシナンテはナギナギの実の能力者(無音人間)

・初代コラソンヴェルゴで、二代目コラソンがロシナンテ

・ローは子供の頃、珀鉛病(はくえんびょう)という寿命が短くなる病気だった

・ローはDの一族で『トラファルガー・D・ワーテル・ロー』というのが本名

 

・コラソン(ロシナンテ)はドレスローザを救おうとしていた

・Dの一族であるローがなぜドフラミンゴと関わってはいけないのか?

・オペオペの実の能力の真相とは?

 

まとめ

まず判明したところから。

コラソンがドフラミンゴの実の弟で、ドフラミンゴに殺害されたことは事前に判明していました。

このシーンはすでに登場しましたね。

 

そのコラソンは、海軍本部の中佐で潜入捜査でドンキホーテ海賊船に入っていたことや、ナギナギの実の能力者であることも明らかになりましたね。

 

さらに、ヴェルゴがロシナンテの前のコラソンであったとロシナンテの説明にありました。コラソンはコードネームのようです。

 

ローに関しては、生まれについてと珀鉛病という病気だったことが過去編に入りすぐに判明しましたね。

 

その後、ベビー5とバッファローとの会話でDの一族であることも判明しました。この事実は大きいですね。今回の回想編の中でも一番の衝撃ではないでしょうか?

判明したところはそんなところかな。細かいのも入れるとまだありそうか。

 

 

次に謎についてです。

 

ロシナンテはドレスローザを救おうとしていましたね。あれはドフラミンゴがその後何をするかを把握していたので止めようとしていたのでしょう。結果的にはドレスローザを救うことはできませんでしたが、ローがロシナンテの意思を継いでドレスローザを救うのでしょう。

 

あとは、回想編に入る前からのフリまくっているオペオペの実についてですね。

オペオペの実を使えば、聖地マリージョアの国宝を利用できたとのことですが、そのへんもまだ不明です。

 

あとは、今回の回想編ではドフラミンゴの過去が一部明らかになっていますが、子供の頃のドフラミンゴが天竜人から人間の生活に戻ったことや、父親を殺害したところは描かれましたが、その後の天竜人との絡みは描かれてないです。

 

ドフラミンゴは、CP0を動かせるほど政府と繋がっており、その理由は元天竜人だからマリージョアの国宝についてなど、政府がバレたくない秘密を握っているからなわけですが・・・そのへんも謎のままです。

 

さらに、今回の回想編でローがDの一族だと知ったロシナンテは、『Dの一族なら、ドフラミンゴと一緒にいてはダメ』と言っていたが、なぜドフラミンゴとDの一族は一緒にいてはダメなのか?何か因縁があるんでしょうけど、、、その辺はまだ謎のままですね。

 

・Dの一族とドフラミンゴについて

・マリージョアの国宝とオペオペの実について

 

 

この2つは、ドレスローザ編で登場した大きな伏線でもあるので、回収されるときが楽しみですね。